Bukkit Spigot Japan Wikiは、Hello Minecraftを応援しています。

超まいくらひろば2017バナー

 

 

BuildTools

提供: Bukkit Spigot Japan Wiki
移動: 案内検索
ソフトウェア名 BuildTools
製作者 md_5 他(SpigotMC)
配布場所 BuildTools(Jenkins)
前提ソフトウェア Java, Git
解説記事対応バージョン Minecraft 1.8~1.11.2
関連サイト BuildTools - SpigotMC

BuildToolsとは

BuildToolsとは、SpigotMCが開発している、BukkitAPI(API),CraftBukkit(サーバー),Spigot-API(API),Spigot(サーバー)をビルドするためのツールです。
DMCA問題を受けてCraftBukkit、Spigotの提供がダウンロードでは不可になったために作られ、回避するために利用されています。

指定したバージョンのビルド

java -jar BuildTools.jar --rev [バージョン]

※[]は不要です。(例:--rev 1.11にしてください)
指定可能バージョンは、バージョンに書かれています(".json"は不要です)。
基本的に1.8以降の各バージョンが可能で、数字(ビルドバージョン)、lastest(ベータを含めた最新だが書き換える必要があるため最新でないこともある)を指定することも出来ます。
※新Verリリース直後は不安定のため、引数の--revを用いて最新版を指定する必要があります。
※ビルドバージョンは不安定のこともあり、注意が必要です。

BuildToolsGUIについて

BuildToolsGUIとは、Windowsにおいて下記のBuildToolsに代わってGUI(ウィンドウ)で自動的にビルドを行うソフトウェアです。
BuildToolsよりも簡単に行えるため、面倒な方はこちらを利用しても良いでしょう。

  1. BuildToolsGUIのダウンロード
    BuildToolsGUIの「Downloads」から最新版の「BuildToolsGUI.exe」をダウンロードして下さい。
  2. 配置
    ダウンロード後、適当なフォルダに配置して下さい。
  3. BuildToolsGUIでビルドの実行
    BuildToolsGUIを実行して、右上でバージョンを選択し、左上の「Run BuildTools」を押すだけで、ビルドが開始されます。
    数分経過後にBUILD SUCCESSというメッセージが表示されているならサーバーのビルドが完了しています。

これ以降の操作は、サーバー構築を確認して下さい。

Windows

ダウンロードおよび前提ソフトウェアのインストールおよび配置

以下のソフトをダウンロードして下さい。

Java インストールファイルをダウンロードして下さい。
Git インストールファイルをダウンロードして下さい。
BuildTools(Jenkins) ページから「最新の成功ビルドの成果物」の下のBuildTools.jarをダウンロードしてください。(ビルドで説明)

ダウンロードしたGitとJavaのインストールファイルを実行し、インストールして下さい。
ダウンロードしたBuildTools.jarを日本語文字が混ざらない場所(Cドライブ直下C:\BuildTools等、任意)に配置して下さい。

スクリプトの作成およびビルドの実行

  1. BuildTools.jarのあるフォルダへ行って下さい。
  2. エクスプローラーのウインドウのフォルダ表示上で、右クリックをして、「新規作成」、「テキスト文書」をクリックし、拡張子がtxtのファイルを作成して下さい。
  3. テキストファイル(拡張子がtxtのファイル)をダブルクリックし、メモ帳が起動したら、以下の文章を書き込み、保存して下さい。
    java -jar BuildTools.jar
    なお、指定したバージョンをビルドしたい場合は、#指定したバージョンのビルドを確認して下さい。
  4. 保存したら、ファイルの拡張子をshへ変更して下さい(batでは動きません)。
    また名称はなんでも良いです。「start.sh」等にすると良いです。
    拡張子が表示されていない(見えない)場合は、各自で「拡張子 表示」等で調べて対応して下さい。
    Windows7の場合、コントロールパネル→デスクトップのカスタマイズ→フォルダーオプション→表示→詳細設定の中から、「登録されている拡張子は表示しない」という項目のチェックを外すことで、拡張子が表示されます。
  5. shファイルを選択し、Gitを使い実行します。
  6. 数分程、待機して下さい(3分程度が一般的)。
  7. しばらく待機すると、黒い画面にBUILD SUCCESSというメッセージが表示されているはずです。
    これは正常にビルドが行われたことを示しているため、これで完了です。
    なお、BUILD SUCCESSという文章が出なかった場合、エラーによってビルドできていない事があります。
    エラーログを読み、修正後再度実行して下さい。

これ以降の操作は、サーバー構築を確認して下さい。

CentOS(Linux)

ダウンロード&インストール

※管理者になっていることが前提です。("su"を実行すると管理者になれます)
Javaのインストール(上がJava7,下がJava8、基本的に最新で良い)

yum install java-1.7.0-openjdk
yum install java-1.8.0-openjdk

Gitのインストール

yum install git

ディレクトリの作成/権限を与える/作成したディレクトリに移動

mkdir buildtools
cd buildtools

BuildToolsのダウンロード

wget https://hub.spigotmc.org/jenkins/job/BuildTools/lastSuccessfulBuild/artifact/target/BuildTools.jar

※たまにエラーが出るので(打ち間違えだったり鯖落ちだったり)、ちょっと時間をおいてからもう一度URLを打ち直すと行けるかもしれません。
上のURLを短縮したもの

wget -O BuildTools.jar https://goo.gl/IGBWK4

ビルド

Gitの改行コードを設定しないようにします。

git config --global --unset core.autocrlf

ビルドを開始します。

java -jar BuildTools.jar

しばらく待機して下さい(3分程度だが環境によって変わる)。

すると"BUILD SUCCESS"という文章が出て、ファイルの生成が完了します。
これでビルドが完了しました。
なお、"BUILD SUCCESS"という文章が出なかった場合、エラーによって生成できていない事があります。
エラーログを読み、修正後再度実行して下さい。

macOS

ダウンロードおよび前提ソフトのインストール

以下のソフトをダウンロードして下さい。

Java インストールファイルをダウンロードして下さい。
Xcode Mac AppStoreから落としてインストールして下さい。(OS X El Captain以降はビルドに必須です。)
BuildTools(Jenkins) ページから「最新の成功ビルドの成果物」の下のBuildTools.jarをダウンロードしてください。(ビルドで説明)

ダウンロードしたJavaのインストーラーとXcodeを実行し、セットアップをしてください。

ビルド

※OS X 10.11 El Capitan以降のOSではXcodeが必須となります。XcodeのEULAを読んだ上で同意しておきましょう。

ターミナルを起動し、cdコマンドでBuildTools.jarのあるディレクトリに移動してから以下のコマンドを実行し、ビルドします。

java -jar BuildTools.jar

しばらく待機して下さい(3分程度だが環境によって変わる)。

すると黒い画面に"BUILD SUCCESS"という文章が出て、ファイルの生成が完了します。
これでビルドが完了しました。
なお、"BUILD SUCCESS"という文章が出なかった場合、エラーによって生成できていない事があります。
エラーログを読み、修正後再度実行して下さい。