Bukkit Spigot Japan Wikiは、Hello Minecraftを応援しています。

超まいくらひろば2017バナー

 

 

DMCA

提供: Bukkit Spigot Japan Wiki
移動: 案内検索

DMCAとは、アメリカ合衆国の著作権法、デジタルミレニアム著作権法(Wikipedia)の略称です。

本記事では、CraftBukkitの著作権問題におけるDMCAについて述べます。

経緯

Wesley Wolfe (Wolvereness)氏は、CraftBukkitの開発者の一人でした。彼は長い間開発に携わってきましたが、BukkitプロジェクトはMojangの所有になるということを知り、それを不満に思ってDMCAテイクダウンを提出しました。

DMCAテイクダウン

DMCAテイクダウン(DMCA Takedown Notice)は、DMCAにおける、サービスプロバイダーやWebサイトの管理者に対し、コンテンツの削除を依頼する申し立て(Notice)の事です。

提出の結果、Bukkit本体のダウンロードは正規のルートでは不可能となりました。

Wolvereness氏は、自分が書いたコードが使用されているにもかかわらず、Bukkitの所有権がMojangにあると後から発覚したのはDMCAテイクダウンに値すると判断し、提出を行いました。これに関しては多くの人が彼に賛同しています。

ただ、彼はコミュニティを壊滅に向かわせていると考えている人も多いです。

Spigot

Bukkitには現在以下の2つの選択肢が残されているといわれます。

  • 訴えを起こしたWolvereness氏によるソースコードを全て書き直す
  • Wolvereness氏のライセンスの下で公開する

Mojangの所有となったBukkitの方針ははっきりしていません。

ただ、Spigotに関しては開発者のmd_5氏により見解が示されています。

Edit: I wish to make clear this is not the end for Spigot. We will keep on developing and we will keep on fighting. It is only a short matter of time before things will be sorted out. The Minecraft server community has not come this far over this many years to be killed by a single blow from a disgruntled developer.
【訳】編集済: これがSpigotの終わりではないということははっきりさせておきたい。我々は開発を続けるし、戦い続けるだろう。問題が解決するのにさほど時間はかからない。Minecraftサーバーコミュニティは不機嫌な開発者の一撃程度で滅びるためにこんなに長く存続してきたわけじゃないんだ。

It is with a heavy heart this morning that I announce that in response to the DMCA takedown notices issued by Wesley Wolfe (Wolvereness), a current [Craft]Bukkit developer, that we have removed downloads to Spigot from our public Jenkins build server located at http://ci.md-5.net/job/Spigot. Additionally access to the Spigot source code repository (formerly located at https://github.com/SpigotMC/) has been forcibly removed from GitHub following a similar DMCA takedown.
【訳】現役の[Craft]Bukkit開発者、Wesley Wolfe (Wolvereness)によって提出されたDMCAテイクダウンの返答を発表する今日の朝は悄然とした気分だ。そのテイクダウンを受けて、我々はSpigotへのダウンロードリンクを、 http://ci.md-5.net/job/Spigot にある公開Jenkinsビルドサーバ―から削除した。その上、Spigotのソースコードリポジトリ(以前は https://github.com/SpigotMC にあった)へのアクセスも、似たようなDMCAテイクダウンに従って、Githubから強制的に削除された。

(Our DMCA Responseより、抜粋はSpigotの非公式見解、翻訳はWiki編集者)

BuildTools

SpigotはBukkitとは違って諦めず、法律家と話し合ったうえで、Spigotを続けるという結論に至りました。 しかし、jarファイルの直接配布は不可能であったため、BuildToolsという形式で行うことにしました。

BuildToolsは使用者のPC上にSpigot、CraftBukkit、Bukkitのコンパイルを行うことを可能にします。 このような形をとることで、jarファイルの直接ダウンロードを避け、DMCAに抵触しないように配慮しています。